子ども連れのバリ島旅行、最初の関門は入国審査

海外旅行に行くと、まず一番初めの関門が入国審査。この審査を受けることによって、初めてその国の入国が許されるのです。バリ島に行くときにも同様です。飛行機を降り立ったら、みんなが向かうのが入国審査を受けるカウンター。しかしその前には長蛇の列が!子ども連れでバリ島旅行に行くには、この入国審査を受けることが最初の大きな関門になることでしょう。

入国審査カウンター前の長蛇の列はなくなることはない

次から次へと到着する飛行機がある限り、この入国審査待ちの列はなくなることはありません。むしろ団体客が来ると一気に増えることもあるほど。そのため列に並んでから入国審査を受けるまで1時間以上待つことも少なくありません。著者の場合は、2時間待ちでした。
大人はこの列に並んで待つことはできますが、子ども連れには大変。列を抜ける訳には行きません。優しく諭しながら、しまいには怒りながら子供をとどまらせるしかないのです。

入国審査待ちの時間つぶしを持って行こう

子ども連れの旅行において一番心配なのが、子供がぐずった時ですよね。周りにも迷惑をかけますし、人の目も気になります。長蛇の列の中で駄々をこねられたらお手上げです。バリ島旅行に子ども連れで行く場合には、時間つぶしの対策をとっておくべきでしょう。大好きなおもちゃ、DVDプレーヤーなど用意しておくと、万が一、時間がかかった時にも安心して待つことができます。