女性観光客のバリ島リゾートへの旅行といえば街スパの利用が多い

国内、海外問わずにリゾートホテルへの宿泊といえばスパの利用ですよね。とくに海外リゾートとなると、スパリゾートの体験なしに帰国するなどもったいないことです。
ビーチリゾートにおいてはホテルにこもりっぱなしのホテルライフとして、スパをメインとしたリゾートホテルをセレクトすることも今や常識です。

バリ島のスパ巡りは二種類、街スパ巡り

インドネシアのバリ島は日本人観光客にも人気のリゾート地ですが、女性の目的といえば街スパ巡りです。町スパはバリ島の各エリアで経営されているローカル(民間)のスパのこと。物価が日本と比較しても安いこのバリ島において安い費用でサービスを受けることができると20代から40代までの女性を中心にして人気です。
日本人観光客は街スパを何件もはしごして開拓していく遊び方を楽しんでいます。

バリ島のスパ巡りは二種類、高級ホテルのスパリゾート

バリ島のスパといえば各エリアに立地している高名なリゾートホテルに併設されているエステサロンやスパ施設を利用することもできます。
世界的に有名なブランドスパからバリ島の特有の施術まで、自由に旅行客が選ぶことも可能になっているのです。ホテル宿泊者以外でもスパ施設のサービスを利用できるシステムもあります。

今やリゾートといえばスパの利用は当たり前といってもいいでしょう。スパ、サービスは女性の観光客以外でも男性の利用も増えています。
個性にバラエティーがあるので自分で、好みのスパを探す必要があるという面白みもバリ島にはあります。